若い女性でも薄毛になるの?!その原因は?

若い女性の薄毛

 

 

最近、10代女性からのお悩みメールが見受けられますね。

 

内容としては、

 

「髪がドンドン減ってきて、結ぶこともできない」
「つむじ付近が明らかに薄くて地肌が見えます…」

 

など、「どうしたらいいの?」という悲痛の叫びです。

 

年齢が年齢だけに、気持ちが痛いほどわかります、、(泣)

 

だってまだまだ若いですもの。
「なんで私が?!」ってなりますよ、普通。


 

 

そうですね。
確かに、近年は10代といった若い世代にもかかわらず、
薄毛の悩みを訴える方が増えているのは事実ですね。

 

これは、30代以降に見られる「加齢による髪の衰退」とは
言い難い
ですね。


なぜ若くして薄毛になるの?

若い女性の薄毛

 

「私まだ若いのに、髪が薄くなってる…」

 

小学生・女子高生・学生・社会人問わず、
10代〜20代という若さにもかかわらず、
「薄毛の悩み」を抱える方が、
近年、異常なまでに増えてきてます。

 

女性の薄毛・抜け毛は、
加齢ばかりが原因ではないんです。

 

このように、10代〜20代の若い女性において、
髪が全体的に薄くなる症状、これを「若年性脱毛症」と言います。

 

 

 

「若年性脱毛症」は、10代〜20代の若い女性の髪が、
なにかしらの原因によってヘアサイクルが乱されて、
髪が抜けたり、細くなったり、毛穴から出る髪の本数が減ったりして、全体として薄くなる、という症状のものです。


 

 

じゃあ、その原因って何なんですかね?


 

 

それは…

 

チェックポイント 頭皮の健康を害すことをしている
チェックポイント 頭皮の血行を悪くすることをしている

 

これが主な原因と言えるでしょう。


「若年性脱毛症」の主な原因って何?

注意

 

過度のダイエット・偏食による若い女性の薄毛

 

ドットライン

 

チェックポイント 頭皮の栄養が不足しているのが原因

 

まさに、若い女性に多いのがこれです。

 

まず、過度のダイエット。
ダイエットしてない人はいないのでは?と思えるほど、
若い女性はダイエットに励みますね、、(汗)

 

別にするなとは言わないですよ。

 

食事と運動のバランスを考えた適度なダイエットであれば、
むしろ健康的でいいじゃないですか。

 

ただ、若い女性の多くは、「食べないダイエット」が主流ですよね?

 

例えば、「1ヶ月で3キロ痩せたいから1日1食だけにする!」とかよく聞きますよ。

 

はい、これはいけませんね。なぜだと思います?
これは、「髪を育てる」ということに関係します。

若い女性の薄毛原因:頭皮栄養不足

 

毛髪の主成分はタンパク質です。
丈夫で健康な髪を育てるには、
タンパク質の摂取がとても重要。

 

食事をまともに取らないでいると、
健康を維持するために必要なタンパク質の
摂取量が低下しちゃいます。

 

その結果、頭皮に十分な栄養がいかず、
全体的な薄毛をまねいてしまう
んです。

 

偏食も同様。

 

肉が好きだと言ってそればかりを食べ、野菜や魚は全然食べない。
普段はコンビニ弁当やファーストフードばかり食べる。

 

こんなんじゃ栄養バランスが悪すぎますね。

 

食事はバランスが命!

 

頭皮に必要な栄養を与え、頭皮を健康に保つことで、
髪もちゃんと生まれ変わります。

 

過度のダイエットや偏食があるなら、まずはここから改善していきましょう。

注意

 

間違ったヘアケアによる若い女性の薄毛

 

ドットライン

 

チェックポイント パーマ・ヘアカラー・スタイリング剤の使いすぎが原因

 

これは若い女性に限ったことではありませんね。

 

髪にパーマをあてたり、髪を染めたり、
髪のセットにスタリング剤を使用することって、現代の女性にとって日常ですよね?

 

ただ、特に若い女性の場合は見た目を気にするあまり、
やり過ぎることがあるので注意しましょう、というお話です。

 

何となく聞いたことはあると思うのですが、
「パーマやヘアカラーのやり過ぎ」は、やはり髪にはよくないんです。

 

髪のキューティクルが損傷するとか、
髪内部のタンパク質も流出しやすくなるなどして、
髪がドンドン弱くなってしまうんです。

 

若い女性の薄毛原因:間違ったヘアケア

よくパーマやヘアカラーをする人に、
こんな会話多いんじゃないでしょうか?

 

「あーまた枝毛見つけたぁ!ショックーーー」

 

このように、あなた自身お気づきの枝毛、
切れ毛などのシグナルを無視し続けると、
いずれは抜け毛に進行して、悪化するかもしれません。

 

髪を守るという視点でいくと、パーマや
ヘアカラーはしない方が断然良いですね。

 

 

で、もうひとつにスタイリング剤ですが、
今はホントに多種多様なスタリング剤があって、かなり種類も豊富ですね。

 

これも若い女性にありがちですが、
外見をとても気にするため、ヘアスタイルにも相当こだわりますね。
ヘアスタイルをキメるのに、スタリング剤をものすごく使う傾向があるんです。

 

もし毎日ヘアスタイリング剤を使う必要があるなら、適量の使用にしてください。
そして寝る前には、キレイさっぱり洗い流すこと。

 

これとても重要ですよ。

 

洗い流しきれてないヘアスタイリング剤は、髪や頭皮に炎症を起こす原因です。

 

絶対に、洗い残しのないようにしましょう。

 

 

でも実際問題、「やるなって言われるとキツイよ、、(汗)」
っていうのがリアルな反応なんですけど…。


 

 

ですよね。
僕も、パーマは我慢できても、ヘアカラーはやりたいです(笑)

 

ヘアカラーであれば、髪や頭皮に優しいヘナをおすすめします。

 

100%天然ヘナであれば、通常のカラーリング剤より
負担は少ないですから。

 

それでも、2ヶ月〜3ヶ月くらいの感覚をおいて
カラーリングするようにしてほしいですが。


注意

 

出産後の抜け毛による若い女性の薄毛

 

ドットライン

 

チェックポイント 産後のホルモンバランスが原因

 

実に多くの女性が、「産後の抜け毛」に悩むと思います。

 

出産後の女性というのは、ホルモンのバランスが乱れて、身体に変調をきたします。
それが原因で、「産後の抜け毛」が起こるんです。

 

だいたい産後3ヶ月くらいから、抜け毛の多さに悩みはじめるようです。
産後の抜け毛というは一時的なものなので、過剰に悩まなくても大丈夫。

 

産後の抜け毛・薄毛は自然現象です。

 

ホルモンバランスが整えば、自然と抜け毛も解消されますよ。
半年〜1年くらいで落ち着くので、あまりナーバスになり過ぎるのはよくありません。

 

猫っ毛主婦の経験談(過去3回出産してます)ですが、
私もちょうど産後3ヶ月過ぎた頃、抜け毛が急に増えだしました。

 

家中あちこちに自分の抜け毛がてんこ盛りですよ(汗)
日々ドン引きしてました。

 

私も同じような経験をしてきてわかるのですが、
抜け毛はいずれ解消するものだと信じて、
赤ちゃんと楽しく過ごすのが一番だと思います!


注意

 

頭皮の血行不良による若い女性の薄毛

 

ドットライン

 

チェックポイント 生活の悪習慣が原因

 

一部、前述したこととかぶる内容もあるのですが、
若い女性に多くみられる生活の悪習慣が原因とも言えます。

 

  • 過度のダイエットをしていないか?
  • かなり偏食がちではないか?
  • タバコを吸いすぎていないか?
  • アルコールの飲みすぎではないか?
  • 睡眠不足ではないか?

若い女性の薄毛原因:生活の悪習慣

 

生活の悪習慣は、身体の血行不良をまねく原因となるのですが、血流が悪いと、髪の毛根へ栄養がいかなくなってしまいます。

 

栄養不足になった頭皮では、
健康な髪は育ちません。

 

当然ですが、髪は抜けますね。

 

早寝早起き、毎日規則正しい生活、
食事も3食栄養バランスを考えて。
タバコ・アルコールの摂取も控えめに、を常に心がけるといいですね。

 

「ゴールデンタイム(22:00〜2:00)」って言葉聞いたことないですか?

 

「この言葉ホントによく言ったものだなぁ」と感心するのですが、
ゴールデンタイムは細胞が生まれ変わるのにとても適した時間です。

 

なのであまり遅くまで夜更かしせずに、ぜひ寝ましょう。

 

それが、あなたの髪の生まれ変わりには大切なんですから。

 

こういった生活習慣っていうのは、
自分で変えようと思わなければ意味ないですね。


 

 

そうですね。

 

誰かが変えてくれるものではないので、
改善するように、ぜひ頑張ってみてください!

 

簡単に取り組める血行促進のサポートとしては、
育毛剤を使うのもいいと思います。

 

比較的ラクですよね、トントンと頭皮につければいいので。
何より、めんどくさがりの猫っ毛主婦さんも使えてます(笑)


10代や20代で薄毛になる原因は、やはり生活習慣によるものが大きいです。

 

その頭皮環境も、50代などと比べればやはり違ったものになります。

 

なので若い女性は、その頭皮環境に見合った
血行促進効果や皮脂抑制効果のある育毛剤を選ぶのがいいですね。

20代におすすめの女性用育毛剤
そこでおすすめできるのが、
ラサーナ薬用地肌エッセンスです。

 

上にあげたような血行促進効果皮脂抑制効果
も当然期待できます。

 

生活習慣の改善と同時に、
育毛剤などでサポートしていくのはとても効果的です!

 

10代や20代といった若い細胞は、
50代の細胞に比べれば、育毛剤の有効成分の効きは早いです。

 

早めに試してみることをおすすめしますね。