髪にいい食べ物ってなに?

髪にいい食べ物

 

髪を健康に育てるには、
育毛剤の使用など外的なものだけでは、当然不十分です。

 

きちんと体の中からも、髪へのケアをする必要があります。

 

で、体の中からというと、やはり「食事」ですよね。
日頃から食事の栄養バランスを考えて食べましょう。

 

髪にいい食べ物はありますが、
だからといって、こればかりを食べるのはよくない。

 

「すべてバランスよく食べる!」が重要ポイントです。

 

髪にいい食べ物ってあるの?

 

 

「髪いい食べ物 = ワカメ」 みたいなイメージがあって、
最近は好んでよく食べるんですけど。

 

なんの根拠もなしに(笑)

 

ホントに髪にいい食べ物ってあるんですか?


 

 

確かに(笑)
「ワカメ食べたら髪が生える!」とかよく聞きますね。

 

実際、髪にいい食べ物はあります。


 

 

さっきのワカメじゃないですけど、髪にいい食べ物って聞くと、
やっぱなんとなく海藻をイメージしますね!

 

これって私だけじゃないと思うんですが(笑)


 

 

うん、これは正解!確かに海藻は髪にいいんです。
ですが、これだけで髪は育ちません。

 

ここでは髪にいい食べ物をご紹介しますが、
あくまでも、バランスよく食事に取り込んでくださいね。


髪にいい食べ物は存在する!

 

毛髪の約95%は、ケラチンというタンパク質でできています。

 

なので、良質なタンパク質や、
それを体内に取り込むためのビタミンやミネラルといった類も必須。

 

なにかひとつの物を食べ続けて、髪がキレイに健やかに育つことはない。

 

 

 

これは断言できることなので、忘れないでくださいね。
では早速、髪にいい食べ物をご紹介していきましょう。


 

タンパク質

髪にいい食べ物

髪はタンパク質でできてますから、当然、とても重要な栄養素です。

 

大豆、豆腐、卵などがいいでしょう。

 

で、このタンパク質をきちんと体内に取り込むためには、どうしてもビタミンが必要なんですね。

 

髪のためには、ビタミンA、B6、Eがいいです。

ビタミンA

髪にいい食べ物

ニンジン・ホウレンソウなどの、緑黄色野菜をたっぷり食べるといいですね。

 

頭皮の新陳代謝を良くしてくれるので、髪の健康にはとてもいい栄養素です。

 

緑黄色野菜は見た目にも鮮やかで、料理に華と元気が出ていいですよね。

ビタミンB6

髪にいい食べ物

サンマ・イワシ・サバ・マグロ・ブリなどの青魚。

 

DHAやEPA、ビタミン、ミネラルも豊富です。

 

タンパク質の代謝を良くしてくれるので、こちらも髪の健康にはかなりGOODです。

ビタミンE

髪にいい食べ物

ナッツ類・ごま・オリーブオイルなど。

 

血行を良くしてくれるので、頭皮へ栄養をまわすのにはとても重要です。

ミネラル

髪にいい食べ物

海藻(ワカメ、ひじき)・貝類(カキ)・緑茶など。

 

基礎代謝をあげたり、成長促進の効果があるので、髪にとっては、とても都合のいい栄養素が含まれています。

 

 

ヘルシーなところもいいですよね、女性にとっては。

食事はバランスよく!

サンプルサイト

 

髪の健康はバランスのいい食事から!

 

あなたの日頃の食生活で、髪の健康や豊かさは変化します。

 

どういうものを食べて、どういう栄養を取り入れているのか?

 

毎日の食生活は、美しい髪を育てるのに重要なポイントです。

 

欧米化が進んでいる現代は、髪にいい食べ物から離れがち。

 

「日本人の魚離れ」とかよく耳にしますでしょ?ホントもったいないです。

 

日本の食べ物は髪にいい成分を含む食材が多いので、
ぜひ好んで、「和食」を食べてほしいです。

 

和食

 

 

良質なタンパク質、ビタミン、ミネラルなどは、
健やかな髪を育てるのには欠かせません。

 

これらを中心に、その他の栄養素もバランスよく
取り入れていきましょう。
偏った食生活は、今日でバイバイちゃってください!

 

毎日の食生活を意識して、髪の健康にいい成分を
たっぷり含んだ食べ物を召し上がってくださいね。


 

 

わたしも揚げ物とか洋食が大好物なんですが、
今はなるべく、和食中心へと変えてます。

 

他にしていることと言えば、毎日の頭皮ケアですね。

 

私が髪の健康を取り戻せたのも、美容師さんに教えてもらった
有能な育毛剤でサポートしているのも、一役かってると思います♪