髪の老化チェックでいち早く薄毛対策はじめましょう!

女性の髪の老化

 

 

あなたの髪は、今どういう状態?

 

髪の老化チェックで、
あなたの髪の老化度をいち早くキャッチしてみませんか?


 

キレイな頭皮、健やかでイキイキとした髪を保つには、
髪の老化を早期発見し、早期対策することがとても重要です。

 

女性の髪の老化

 

髪の量や髪の色は、
見た目年齢に大きな影響を与えます。

 

当たり前ですよね?

 

髪が黒々としてボリュームがある人。
白髪だらけでボリュームもなく、
髪がペターンとしてる人。

 

誰がどう見ても前者の方が
「若〜い!」と感じるはず。

 

健康な髪って1日にどのくらい
成長してるか知ってますか?

 

1日に0.3〜0.4mmくらいずつ伸びるんですよ。

 

で、毎日100本程度抜け落ちるのは正常範囲内。

 

これが自然なヘアサイクルです。

 

日頃の生活習慣や遺伝などで個人差こそあれ、
だいたいの方が30〜35歳をピークとして、あとはドンドン髪の老化が始まります。

 

 

 

できることなら、髪の老化を遅らせて、
「人よりも長く、健康でイキイキとしたキレイな髪を保ちたい!」
と思うのが女性ですよねぇ。


 

 

そうですね。
その鍵は、いち早く髪の老化サインをキャッチすること!
そして、その原因は何のかを見定めることです。


髪の老化の原因をチェック

 

 

あなたの髪の老化をグングン後押ししてしまう、
主な原因を5つあげてます。

 

5つのチェックポイントで、
あなたの髪の老化度をぜひ把握してみてください。


注意

 

チェックポイント@髪の栄養不足ではないか?

 

ドットライン

 

以下の状況、思い当たる節がありますか?

 

チェックポイント 髪が細くて、ハリ・コシがなくなった
チェックポイント かなりの偏食、もしくは過度のダイエットをしている
チェックポイント 大酒飲みだと思う
チェックポイント タバコを吸う
チェックポイント インスタント食品やジャンクフードの類をよく食べている
チェックポイント 冷え性で、いつも血行が悪い

 

 

髪は、ケラチンというタンパク質を中心にできています。

 

なので、髪の栄養には良質のタンパク質が欠かせません。

 

かなり偏食だったり、過度のダイエット、ジャンクフードばかり食べてるという方は、
髪の栄養に超重要な良質のタンパク質が不足しがち。

 

これが原因で、髪はグングンやせ細っていくんです。

 

髪にチカラを与えるためにも、
魚、卵、大豆などの良質なタンパク質は積極的に取りましょう。

 

髪の栄養にはバランス食

でもこればかり摂取してても、
それはそれで意味がありません。

 

タンパク質の働きを十分なものにするため、
そのほかの栄養素もバランスよく取らなくては
ダメなんですね。

 

やはり食事は、すべてをバランスよく
摂取すること。

 

これが鉄則です!

 

それにプラス、運動で血行を良くしたり、
頭皮のマッサージをすると、効果がアップするのは当たり前。

 

頭皮マッサージするときは、ぜひ育毛剤も合わせて使うことを忘れないでほしいです。

 

育毛剤には、頭皮に栄養補給をする役割を持つものもありますので、
積極的に取り組んでいただければと思います。

 

せっかくの育毛有効成分を含んだ育毛剤です。

 

バランスのいい食事などで頭皮状態を整え、頭皮の栄養吸収力が
上がっているときに使わない手はないでしょう。

 

育毛剤を使わないでいるのは、ホントにもったいないですよ!


注意

 

チェックポイントAホルモンバランスの乱れがないか?

 

ドットライン

 

以下の状況、思い当たる節がありますか?

 

チェックポイント 抜け毛、薄毛が気になる
チェックポイント 髪が細くて、ハリ・コシがなくなった
チェックポイント 女なのに、ヒゲや体毛が濃くなった
チェックポイント 生理が不規則になった、もしくはこない
チェックポイント 頭皮がやたらベタつく
チェックポイント 冷え性で、いつも血行が悪い

 

 

髪とホルモンには密接な関係があります。

 

抜け毛・薄毛の原因として、ホルモンバランスの乱れが大きく影響します。

 

女性であっても男性ホルモンが分泌されているのですが、
ヒゲや体毛が濃くなった人というのは、ほぼ、この男性ホルモンの
しわざだと言っていいでしょう。

 

女性ホルモンのバランスが崩れた結果、
男性ホルモンがあなたの身体に優位に働く、ということが起こりえます。

 

…すごくイヤですね、、(汗)

 

また女性の場合、生理(月経周期)に合わせて女性ホルモンが分泌されていれば、
それはとてもいい状態です。

女性の薄毛男性ホルモンの影響

 

しかし、生理が乱れていたり、
なぜか突然こなくなってしまった、
あるいは閉経したという方は、
男性ホルモンの影響を受けやすいんです。

 

男性ホルモンの影響をもろに受ければ、
抜け毛、薄毛を進行させる可能性大です。

 

男性の場合は、男性ホルモンを抑制するための成分が
入った男性用育毛剤を使用するのが効果的です。

 

「じゃあ女性も?」というと、
いくら男性ホルモンの影響を受けているからと言って、
男性用の育毛剤を使うのは絶対にダメ!

 

女性と男性の頭皮環境というのはまったく違います。

 

女性が男性用育毛剤を使用したところで、
効果は期待できないうえ、逆に悪化させてしまうこともあります。

 

間違っても、旦那さんの育毛剤を
毎日せっせと使うようなことはしないでくださいね、、(汗)

 

女性は、やはり女性用育毛剤を使って、きちんと頭皮ケアしましょう。

注意

 

チェックポイントBストレスを溜めすぎてないか?

 

ドットライン

 

以下の状況、思い当たる節がありますか?

 

チェックポイント いつも睡眠不足だ
チェックポイント 全然運動はしない
チェックポイント 悩み事が多い
チェックポイント 心配事が尽きない
チェックポイント 白髪が急に、驚くほど増えた

 

 

会社や家庭のことで、悩みや心配事は多いですか?
またそれをクヨクヨと考えがちではありませんか?

 

ストレスは、髪の老化を早めるので要注意です。

 

女性の薄毛ストレス

睡眠不足、運動不足も、
日頃の疲れを解消しきれていない状態に陥ります。

 

それがいつしか、あなたの身体に大きな負担となり、
ストレスの原因になったりもするんです。

 

大きなストレスを抱えていると、
それがホルモンバランスの崩れへと繋がりますよー。

 

つまりは、抜け毛、薄毛になりかねません。

 

いずれにせよ、ストレスの溜めすぎはあなたの身体によくないですからね。
適当なところで発散させましょう。

 

髪の老化を予防するには、ストレス発散!

 

いっぱい笑って過ごしましょう♪

注意

 

チェックポイントC髪にダメージを与えてないか?

 

ドットライン

 

以下の状況、思い当たる節がありますか?

 

チェックポイント 切れ毛、枝毛が多い
チェックポイント 髪のパサつきがスゴイ
チェックポイント 髪がまとまらない
チェックポイント 髪の色が赤茶色っぽい

 

 

これはもう、髪の乾燥とか、紫外線ダメージでしょうね。

 

切れ毛・枝毛は、髪が乾燥して水分量が不足している証拠です。

 

髪にとって、最適な水分量は15%前後です。

 

室内の乾燥などで、水分量が10%以下に落ち込んでしまうと、
切れ毛だったり、髪のパサつきがの原因になるので要注意!

 

あと、お風呂のあとは一時的に30%前後まで水分量があがるようですが、
これも逆に髪が切れやすい状態なので、すぐに乾かすこと。

 

自然乾燥はNGです。

 

頭皮のかゆみ、臭いの原因になるので覚えておいてくださいね。

 

髪を乾かすことひとつを取っても、注意すべき点があるんです。

 

こう見ると、髪の老化を遅らせるのって、努力あきりですねー。
それもこれもあなた自身の髪を守るためなので、頑張りましょうね!

 

髪を乾かすときの注意点

 

シャンプー後、タオルで髪をゴシゴシ、バサバサこすってませんか?

 

これ、ダメですよー。このやり方では、キューティクルを傷つけてしまいます。

 

ポイントは、吸水性のいいタオルでトントンと髪をたたくようにすること。
これで水気を落とすようにするんです。

女性の髪ダメージ

 

そのあとに、ドライヤー。

 

ドライヤーは髪から20cm以上離して、
手ぐしで髪をほぐしながら左右に動かして。
同じ場所ばかりに熱風を当てたらダメですよ。

 

半乾きくらいまできたらOK。
髪をカラッカラに乾燥し過ぎないように注意!

 

キューティクルは、髪の外側を覆う保護膜の役割をしてます。

 

キューティクルによって、髪の水分量を一定に保ち、美しい髪に見せています。

 

ドライヤーの当てすぎは、キューティクルを剥がしちゃうので気をつけましょう。

 

紫外線予防

 

あと紫外線ですね。強い紫外線は、髪のタンパク質を酸化させます。

 

髪が酸化すると、髪の老化を一気に加速させちゃいます。

 

帽子や日傘で、紫外線をシャットアウトしましょう。
ダメージから髪を守りましょうね!

注意

 

チェックポイントD過度のヘアケアをしてないか?

 

ドットライン

 

以下の状況、思い当たる節がありますか?

 

チェックポイント ヘアワックスやヘアスプレーをたくさん使う
チェックポイント パーマやヘアカラーをよくやる
チェックポイント 髪をキツく結うことが多い
チェックポイント 1日に何度もシャンプーしてる

 

 

最近はオシャレへの追求がものすごくて、
ヘアスタイルも日々の流行を追いかける傾向にあります。

 

春先パーマだの、夏カラーだの、髪が休むヒマがありませんね、、(汗)

 

パーマ剤、カラーリング剤、白髪染めの類は、
当然、髪のキューティクルを壊してしまいます。

 

そもそも髪のイメージを無視やり変えるものなので、髪にいいわけありませんよね。

 

結果、切れ毛や枝毛が増えて、髪がボロボロに弱まります。
かと言って、現代においてはやらない人はあまりいないですもんね。

 

パーマやヘアカラーをするにしても、
最低でも2ヶ月は間隔をあけてほしいです。

 

あと、髪を強く引っ張ったり、ゴムでキツくしばるのは、抜け毛の原因になります。

 

また、いつも同じ結び方をしたり、同じ分け目で分けていると、
その部分だけ薄毛になっちゃうのでダメ。

 

極力、毎日ヘアスタイル変えることをおすすめします。

 

ヘアスタイル

 

 

「髪にダメージを与えようが関係ない!」
「ハリ・ツヤ・コシがバンバン失われようが平気!」
「髪ダメージよりも、なによりも今はオシャレでしょ」

 

という声は、特に若い世代の方からいただくこともありますよね。


 

 

うーーん、そうなんですよね。
「もう一度、考えなおしましょうよ!」って感じですね(汗)

 

ここまで、チェック項目を長々と書いてしまいましたが、
一言でお伝えできるのは、これです。

 

髪の老化を後押しして、最後に後悔するのはあなたですよ。


 

 

確かに、それに尽きますね(汗)
私自身、薄毛になってみてはじめて、過去の自分の行いに
思いっきり後悔しましたから…。


 

 

改善すべき点は改善していきましょう。

 

プラス、効果的な薄毛対策と頭皮ケアをしていくことで、
圧倒的に、頭皮環境は良くなります!

 

この言葉を信じで、ぜひあなたにも取り組んでほしいですね。


 

矢印【PICK UP】キレイな頭皮・健やかでイキイキとした髪の成長をサポートする育毛剤